NaRiKa science is just there教員のための理科総合サイト

株式会社ナリカ電話番号0120-700-746

GoDirect × Pythonで広がる探究

GoDirectセンサは、数値計算からWebアプリ開発など幅広い用途で利用できる高水準汎用プログラミング言語 「Python」を用いて、計測したデータを活用することが可能です。

GoDirect × Pythonで、デジタルものづくりなどデジタルを用いた課外活動の推進やICTの新たな活用につながります。

活用事例

温度センサ×Python 「最大、最小温度の表示」

温度センサを接続し、その温度の値から「HOT」か「COLD」を表示させるプログラムです。

<GoDirect温度センサー×Python 実験の様子>

ドローン×力/加速度センサ×Python 「ドローンの制御」

プログラミングドローンと力/加速度センサを同時に接続して、力/加速度センサの計測データを用いて、ドローンの制御をします。

力/加速度センサには、力、ジャイロセンサが搭載しています。
力センサを押すと、機体が上昇、引っ張ると下降、ジャイロセンサで傾けると移動するなどのプログラムが可能です。

<godirect x codrone 操縦方法>

<godirect x codrone 走行の様子>

プログラミングドローン 製品ページへ

PythonにGoDirectを接続する方法

GoDirectでは、Python用に「godirect」と呼ばれるPythonモジュールが用意されています。こちらをインストールすることですぐに活用が可能となります。


必要な環境準備は、下記をご参照ください。

必要な環境準備

●GoDirect 各種センサ(一部のセンサは、「godirect」モジュールに対応していないものがあります)
●対応OS:Windows、Mac、Linux(Raspberry Piを含む)
●Python 3のインストール
●「godirect」モジュールのインストール