わくわく実験

人工イクラをつくろう


授業へのヒント

「青少年の科学の祭典」でよく行われている、人気のある実験です。ぜひ選択理科の授業でも実験してみてください。

 

人工イクラをつくろう

1. アルギン酸ナトリウム1gを50mlの水に溶かします。粘稠な糊状の液体になります。それに食紅を適量混ぜ込みます。


 

人工イクラをつくろう

2. 別の容器に乳酸カルシウム10gを200mlの水に溶かし、そこにピペットでとった(1)の液体をゆっくりと滴下します。


 

人工イクラをつくろう

3. 茶こしなどでとったビーズを水で洗い、水の入った容器に入れます。

※食用ではありません。食べないでください。

カタログNo. 製品名 価格(税抜)  
F35-7750-02

詳しく見る

ページトップへもどる