わくわく実験

こんなこともできる 低温の世界

 

授業へのヒント

極低温を体験する実験では、バナナで釘を打ったり、ゴムボールを落とすだけで粉々にしたりすることがあります。この他にも、電機回路を使って温度による電気抵抗の変化の実験ができます。

 

こんなこともできる 低温の世界

準備
電池1個で豆電球をつける回路を作ります。 細いエナメル線をたくさん使い、電気抵抗が大きくなるようにします。(なるべく豆球が暗くつくようにしておくと効果が大きくなります。)


 

こんなこともできる 低温の世界

1. スイッチを入れると豆電球は暗く点灯し、エナメル線部分を短絡させると普通に点灯することを確認します。


 

こんなこともできる 低温の世界

2. エナメル線の塊を液体窒素につけると???→豆電球は明るく光ります。


 

◆STEP2◆

 

こんなこともできる 低温の世界

電池を液体窒素につけて冷やしてみます。するとどうなるでしょう???明るく光るような気がしますが・・・だんだん暗くなって最後には消えてしまいます。

電池の電解液が固体になってしまい、電池内の電子の受け渡しができなくなってしまったためと考えられます。


ページトップへもどる