ナリカサイエンスアカデミー

理科におけるICTの効果的な活用法 講師:桑子 研 plofile


●ICT活用その1~タブレットの活用~
 ・放射性崩壊のモデル実験とカメラアプリ
 ・カメラアプリを使った効果的な授業運営
 ・プログラミング教材の活用(スクラッチとロボット)
 ・iPadを使って弦を振動させる方法
 ・デジタル教科書の活用
 ・その他のiPadアプリの活用
●ICT活用その2~プロジェクタと電子黒板の活用~

 ・ICT先進校の現状
 ・無線になると便利!AppleTVの活用
 ・電子黒板機能付きプロジェクタの活用
 ・Kocriの活用
●ICT活用その3 ~データロガー~

 ・センサーの活用
 ・イージーセンスV-Hubとタブレットで電磁誘導を観察
●ICT活用その4 ~ICTを使った自宅学習のサポート~

 ・ExplainEverythingの活用
 ・ビデオで簡単編集 授業動画のつくり方
 ・IR 各超現実の活用
 ・教師用ブログの活用
 ・学校用SNSの活用
 ・インターネット教材の活用とPuffin
●ICT活用その5 ~ICTを使った校務のサポート~

 ・Wordの活用
 ・Googleアプリの活用
 ・音声入力の活用
 ・腱鞘炎にならないマウスの活用、無線キーボードの活用
※時間の都合上、すべての実験を紹介できないことがあります。ご了承ください。 
present_nea_bお持ち帰りできるもの ICT活用手引き書

 

センサーやタブレットで電気を可視化しよう! 講師:桑子 研 plofile


●バンデグラフ・静電高圧ゼネコンの興味をひく演示実験 
 バンデグラフを使った実験を各種紹介します。バンデグラフは見た目が派手であり、
 生徒も興味をもつ教材の一つです。また静電高圧ゼネコンを使うと、教室で実験をすることも可能です。
●ブレッドボードを用いた水流モデルの実験
 ブレッドボードという素子をはめ込む道具を使って、水流モデルをイメージしたり、
 キルヒホッフの法則について確かめていきます。 
●鉛筆で抵抗値を決めるものを調べよう!
 鉛筆で太さや長さを変えた回路を作って、抵抗値を決めるものについて考える実験です。
●イージーセンスを使った電流の可視化実験
 センサー機器の一つ、イージーセンスを使うとコンデンサにたまった電荷の放出の様子についてリアルタイムで観察ができます。
●鉄の杭と地磁気
 鉄の杭をたたいて地磁気を利用して磁化させます。
●地球ゴマ・ハンドスピナーと渦電流ブレーキ
 地球ゴマ・ハンドスピナー・お鍋のフタを使って、渦電流ブレーキを体験できる実験です。 
●お弁当のフタで電場と電位をイメージ(電場と電位
 荷電粒子の配置と電場・電位の様子を生徒にイメージさせるために、実際に模型を用意する方法についてご紹介します。
●お手軽・不思議なファラデーモーター
 もっとも原始的なファラデーモーターの簡易版を作ります。10分間くらいで体験できるため、
 授業に導入しやすいように工夫をしています。
●パスカル電線とフレミング左手の法則
 10本の芯が入った電線(パスカル電線)をうまく配線することによって、
 大規模な電磁気の実験を手軽に行うことができます。自作の方法についてもご紹介します。
※時間の都合上、すべての実験を紹介できないことがあります。ご了承ください。
present_nea_bお持ち帰りできるもの ブレッドボード、ライデン瓶、ファラデーモーター

 

 


ページトップへもどる