ナリカサイエンスアカデミー

電磁気(ブレッドボード編)    講師:桑子 研 plofile


  ナリカサイエンスアカデミーの後期第1回目はご希望が多かった電磁気学について、みなさんと一緒に手を動かしながら紹介します。第1回目のメインは「ブレッドボード」です。次の流れでのプログラムを予定しています。


1 ボタン電池とLEDを使って、鉛筆で描いた回路の上に電気を流します。また鉛筆で塗った帯の抵抗をテスターではかることによって、オームの法則を確認することができる実験を紹介します。いろいろ売られているテスターの中で、このテスターが使いやすい!というものについても紹介します。

2 ブレッドボードを使って電気回路の実験を行います。ブレッドボードは素子をそのまま刺したり抜いたりすることができ、回路を簡単に作ることができるので便利です。そのため素子もリサイクルができます。今回は回路を作ったり、LEDの特性を考えたり…と電磁気の導入で使える実験A〜Eについて紹介します。

A 電池と豆電球を使って回路を作ろう。テスターを使ってみよう。
B LEDの特徴を調べよう。
C 抵抗って何?可変抵抗をつけてみよう。
D ブレッドボードで回路を組んでみよう。
E スイッチをつけてみよう。複数のLEDを光らせてみよう。

また自宅にお持ち帰りして、研究できるように今回の講座で使ったブレッドボードや各種素子をプレゼントします。

 

波動②    講師:桑子 研 plofile


1 弦の固有振動の測定実験
  弦の固有振動について、スピーカーとタブレットをつかって確かめる方法について紹介します。
手作り道具で行います。

2 イージーセンスとy−tグラフ(超音波センサ)
  イージーセンスというセンサー機器を使って、振動の様子が正弦曲線になるのかどうかを観察できる実験について紹介します。
リアルタイムにグラフになるので生徒も感動します。センサーがはじめてという方も、設定方法からお伝えするのでご安心下さい。

3 屈折率を利用してプリズムの材質を調べよう
  屈折の法則を利用して、屈折率をもとめてプリズムの材質を調べる実験です。
屈折角や全反射の用語が実験を通して自然に身につきます。

4 ストロー笛と音の高低(開管の振動)
 ストロー笛を作って音を鳴らしてみます。笛の長さを変化させると音程も変わります。
授業の合間に生徒に配って作ることができるので便利です。

5 ぴよぴよ笛(閉管の振動)
  閉管の手作り楽器です。教師が一つ作って演示で実演することができます。

6 ヘッドマッサージャーと干渉縞
  市販されているヘッドマッサージャーをつかって干渉縞を観察する実験について紹介します。
複数台用意することも安価なのですぐにできます。

7 CDをつかった光の干渉と回折格子
  CDの回折格子について、その様子を観察したり、または回折格子を取り出す方法について紹介します。

8 虹のモデル実験(光の分散)
  虹のモデルとして、ペットボトルをつかって虹を作る方法について紹介します。

9 傘袋を使った夕日の実験
  傘袋で夕日を見る実験について紹介します。

10 ビー玉顕微鏡とガラス棒顕微鏡(凸レンズ)
  ビー玉やガラス棒を使って文字を拡大させると、その違いがどのように現れるのでしょうか。
学校でも取り組みやすい実験です。

※ 時間の都合上、すべての実験を紹介できないことがあります。ご了承ください。

ご参加いただいた方は、以下のものがお持ち帰りいただけます。
・実験手引書
・CD回折格子
・ビー玉顕微鏡
・ストロー笛

 

電磁気(バンデグラフ活用編)     講師:桑子 研 plofile


1 バンデグラフ・静電高圧ゼネコンを使った興味をひく演示実験
 バンデグラフを使った実験を各種紹介します。バンデグラフは見た目が派手であり、生徒も興味をもつ教材の一つです。また静電高圧ゼネコンを使うと、教室で実験をすることも可能です。

2 ブレッドボードを用いた水流モデルの実験
 ブレッドボードという素子をはめ込む道具をつかって、水流モデルをイメージしたり、キルヒホッフの法則について確かめていきます。

3 鉛筆で抵抗値を決めるものを調べてみよう!
  鉛筆で太さや長さを変えた回路を作って、抵抗値を決めるものについて考える実験です。

4 イージーセンスを使った電流の可視化実験
 センサー機器の一つ、イージーセンスを使うとコンデンサにたまった電荷の放電の様子についてリアルタイムで観察ができます。

5 鉄の杭と地磁気
 鉄の杭をたたいて地磁気を利用して磁化させます。

6 地球ゴマ・ハンドスピナーと渦電流ブレーキ
 地球ゴマ・ハンドスピナー・お鍋のフタを使って、渦電流ブレーキを体験できる実験です。

7 お弁当のフタで電場と電位をイメージ(電場と電位)
 荷電粒子の配置と電場・電位の様子を生徒にイメージさせるために、実際に模型を用意をしする方法についてご紹介します。

8 お手軽・不思議なファラデーモーター
 もっとも原始的なファラデーモータの簡易版を作ります。
10分間くらいで体験できるため、授業に導入しやすいように工夫をしています。

9 パスカル電線とフレミング左手の法則
 10本の芯が入った電線(パスカル電線)を、うまく配線することによって、大規模な電磁気の実験を手軽に行うことができます。自作の方法についてもご紹介します。

ご参加いただいた方は、以下のものがお持ち帰りいただけます。
・実験手引書
・ブレッドボード
・ライデン瓶
・ファラデーモーター

 


ページトップへもどる