ナリカサイエンスアカデミー

電磁気(ブレッドボード編)    講師:桑子 研 plofile


  ナリカサイエンスアカデミーの後期第1回目はご希望が多かった電磁気学について、みなさんと一緒に手を動かしながら紹介します。第1回目のメインは「ブレッドボード」です。次の流れでのプログラムを予定しています。


1 ボタン電池とLEDを使って、鉛筆で描いた回路の上に電気を流します。また鉛筆で塗った帯の抵抗をテスターではかることによって、オームの法則を確認することができる実験を紹介します。いろいろ売られているテスターの中で、このテスターが使いやすい!というものについても紹介します。

2 ブレッドボードを使って電気回路の実験を行います。ブレッドボードは素子をそのまま刺したり抜いたりすることができ、回路を簡単に作ることができるので便利です。そのため素子もリサイクルができます。今回は回路を作ったり、LEDの特性を考えたり…と電磁気の導入で使える実験A〜Eについて紹介します。

A 電池と豆電球を使って回路を作ろう。テスターを使ってみよう。
B LEDの特徴を調べよう。
C 抵抗って何?可変抵抗をつけてみよう。
D ブレッドボードで回路を組んでみよう。
E スイッチをつけてみよう。複数のLEDを光らせてみよう。

また自宅にお持ち帰りして、研究できるように今回の講座で使ったブレッドボードや各種素子をプレゼントします。

 


ページトップへもどる