ナリカサイエンスアカデミー

講師プロフィール

「理科は感動だ!」

子どもたちを理科好きにするには、まず、先生ご自身が理科の楽しさを味わい、楽しそうに授業することが肝要です。
また、実験にあたっては事故防止の配慮も欠かせません。
ナリカサイエンスアカデミーで「安全にわくわくする観察実験」を体験なさって下さい。
安全対策や効果的な実験の方法、理科室経営のコツなども具体的にお伝えします。
参加なさった方々との対話を重視しておりますので、質問なども気軽にできます。ご参加をお待ちしております。


小森 栄治/日本理科教育支援センター 代表

小森栄治

 1956年、埼玉県生まれ。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。
1980年から28年間、埼玉県内の公立中学校に勤務。「理科は感動だ」をモットーにした理科室経営と理科授業で、子どもたちを理科好きにしていた。 89年および03年に、ソニー賞(ソニー教育資金/ソニー子ども科学教育プログラム)最優秀賞を受賞。また03年には、第1回埼玉県優秀教員表彰,07年には第1回文部科学大臣表彰,08年には第1回辰野千壽教育賞(上越教育大学)を受ける。

 文部科学省、県立教育センター、民間教育研究団体などの委員、講師をつとめ、現在、埼玉大学で理科指導法を担当するほか、保育園での科学遊び講座、教師向け理科セミナーなどを開催し、理科の楽しさを幅広く全国に伝えている。

 著書に『「理科は感動だ!」~子どもたちを理科好きに~』『「理科は感動だ!」~子どもが熱中する理科授業づくり~』(明治図書出版)『中学校の「理科」がよくわかる本』(PHP研究所)、『考えまとめ発表する かんたん実験・理科のタネ』(光村教育図書)、『子どもが理科に夢中になる授業』(学芸みらい社)などがある。
小森理科資料室 http://homepage3.nifty.com/e-komori/
日本理科教育支援センター https://www.facebook.com/rika.suki


 

桑子 研/共立女子中学高等学校 教師

桑子先生

 1981年群馬県生まれ。日本一の規模の女子校で物理を教えるかたわら、全国で実験講座なども行っている。
著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!センター物理基礎』(学研)など10冊。

科学のネタ帳 http://phys-edu.net/

“桑子先生からのコメント”
 中~高校の物理分野で楽しく理解を助ける実験を厳選して紹介します。
安価で実験準備に手間取らない、明日からすぐに使えるものばかりです。
今後の理科ICTで必須のセンサー機器の扱い方についても各回でお伝えします。
中学〜高校の物理分野担当の先生方、お気楽にご参加ください。

 

小林 健介/株式会社ナリカ 企画部

kobayashi_profile

 株式会社ナリカ 企画部所属。ナリカ・サイエンス・アカデミー(NSA)担当。
 宇宙エレベーターロボット競技会実行委員会事務長。
10年以上前よりプログラミング教育に携わり、教育用レゴを使用して、教師や子どもたちにワークショップを行っている。

“講師からのコメント”
 創造力と科学的思考プロセス、問題解決能力に最適なプログラミング教育。
小学校にも新たに導入されます。体験してみませんか?

 

大隅 紀和/タイ国立アユタヤ地域総合大学ARU名誉博士

mamada_profile

京都市生まれ、同市・青少年科学センター建設と教育活動などに携わり、1973年~85年の間、元・国立教育研究所の研究職 を経て大学に転出、2003年に京都教育大学を定年退官。現役当時から主に新興国で基礎科学の教育協力に従事。自宅に隣接 してOES研究所を開設し代表を務める。またタイ国立アユタヤ地域総合大学ARUに研究室を持ち、年に約4か月の活動拠点 としている。「教える喜び、学ぶ楽しさ」がモットーである。

博士(大阪大学・人間科学)、京都教育大学名誉教授、 タイ国立アユタヤ地域総合大学ARU名誉博士、2010年日本科学教育学会国際貢献賞受賞


 


ページトップへもどる