【2011年11月5日】第21回 理科教育推進 実験セミナー(熊本) 開催のおしらせ

主催:日本理科教育支援センター 共催:TOSS熊本
後援:株式会社ナリカ

今回の学習指導要領の改訂では理数教育の増強が一つの目玉であり、小学校理科の目標には、 「実感を伴った理解」が加わっています。効果的な指導法、観察実験により、理科好きの子ども たちを育てていきたいものです。
このセミナーで、顕微鏡を利用した観察や低学年の児童でも楽しめる科学あそびを実際に体験 していただき、理科好きの子どもたちを育てる授業の参考としていただければと思います。

 

第21回 理科教育推進 実験セミナー
日時 平成23年11月5日(土) 12:10~15:15(受付開始11:50)
場所 熊本市秋津市民センター(秋津公民館) A会議室
〒861-2104 熊本市秋津3丁目15-1 TEL 096-365-5750 FAX 096-360-2550
対象 小学校・中学校・高等学校教員および教育関係者、学生
定員 30名
資料代 3,000円
(学生は1,500円。学生証の提示をお願いします。現職派遣教員は一般教員扱いです。)
問い合わせ
・申込先
株式会社ナリカ
〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10 担当:小林・小野
TEL:03-3833-0746 FAX:03-3833-0747

申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX にてお申し込みください。

 

第1部 顕微鏡を10倍活用する方法 
12:10~14:20
顕微鏡の選び方,メンテナンスのしかた
①導入はミニ定規と新聞広告を使おう
②光の当て方で見え方が変わる食塩,花粉,海岸の砂の観察
③水の通り道を簡単に見る方法アスパラガス,ブロッコリーで観察
④気孔を簡単に見る方法木工用ボンド,シマフムラサキツユクサで観察
⑤血液の流れはドジョウで
※以下は実習なしで紹介のみの場合もあります
⑥動く精子の観察はタニシで  ⑦花粉管の観察はアフリカホウセンカで

注意:内容が変更になる場合があります。

第2部 シングルエイジサイエンス   
14:30~15:00
ストローロケット、輪っか飛行機など
第3部 理科授業なんでもQ&A   
15:00~15:15

ご参加の際、ぜひデジカメをお持ち下さい。顕微鏡写真を撮影できます。

 


2008年3月まで埼玉県内の公立中学校に勤務。「理科は感動だ」をモットーにした理科室経営と理科授業で、子どもたちを理科好きにしてきた。89年および03年に、ソニー賞(ソニー教育資金/ソニー子ども科学教育プログラム)最優秀賞を受賞。著書に『理科の学力向上策』(明治図書出版)、『考え、まとめ、発表するかんたん実験・理科のタネ』(光村教育図書)などがある。

 

ページトップへもどる