「ワクワク楽しい学びが近道!実験できるScience Houseをトンガに」の活動を応援しています

ナリカは、クラウドファンディング「ワクワク楽しい学びが近道!実験できるScience Houseをトンガに」の活動を応援しています。

●クラウドファンティングサイト※支援募集は1月17日(金)午後11:00まで
http://readyfor.jp/projects/seacamsciencepacific
●NPO活動サイト
https://sea-cam-science-pacific.webnode.jp/


~楽しくワクワク未来を考えてもらうために、Science Houseをつくろう!~ から一部抜粋
そこで考えたのが、トンガにScience House(サイエンスハウス=実験教室)を作ること。
まずはトンガの子ども達にいっぱい「科学」「理科」に触れてほしい、興味を持ってほしい。
そして学んでほしいのです。
現在トンガでは、予算の問題もあり特に小学校ではほとんど「実験」が行われません。
そもそも、「理科」「科学」という科目への比重も低いように感じます。
一方的に教科書で科学式を暗記したり、本で見た実験の結果を学びとするのではなく、
自らの手で触れて、結果を目で見て体感することで、科学と日常生活が結びつけて考えてほしいのです。
何事も体験からいろいろ学べると知ってもらうためにも、実験は身近なものをテーマにして、
子どもに理科を学ぶことの楽しさやワクワクを伝えていきます。

ページトップへもどる