【2018年2月18日】日本SEPUP研究会 「これからの理科実験(Science Seek)ワークショップ」開催のおしらせ

主催:日本SEPUP研究会 後援:株式会社ナリカ

 

これからの理科実験(Science Seek)~実験実技講習~
日時 平成30年2月18日(日)13:30~16:30
場所 千葉大学教育学部附属中学校 第一理科教室
所在地:千葉市稲毛区弥生町1-33
資料費 教諭:3,000円、学生:1,500円(現職教員を除く。学生証をお持ちください)
問い合わせ・申込先 日本SEPUP研究会 事務局(株式会社ナリカ内)
東京都千代田区外神田5-3-10
TEL:03-3833-0746 FAX:03-3833-0747 E-mail:sepup@rika.com
申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX 又はE-mailににてお申し込みください。
※FAX・E-mailを受領後、受付票を E-mail (FAX) にて発行します。受付票が届かない場合は、ご連絡をお願いします。

 

    <講師>
    重井 ゆき/株式会社ナリカ
    小﨑 康宏/昭和女子大学附属昭和中学校・昭和高等学校
    藤澤 隆次/千葉大学教育学部附属中学校

 

【ワークショップ】
テーマ1 レゴブロックでコミュニケーション 普段、どの程度思ったことをきちんと伝えられていますか? 対話的な学びではコミュニケーションが必須で、「人に伝える」ということは学ぶ上で重要なことです。なぜ伝え方が大事なのか、どのように伝えたら伝わるのか、伝え方にポイントを絞った簡単なワークを行います。
テーマ2 ブラックボックスで科学の本質に迫る ブラックボックスを使い、主体的な学びを体験します。教師も生徒も、そして生徒の学力に差があっても、誰もが思わず調べたくなる、話し合いたくなる・・・と、やめられなくなるアクティビティです。科学を学ぶとはどういう事なのか、実感することができます。
テーマ3 フルーツヴェール物語
~地下水から考える社会問題~
仮想の村(フルーツヴェール)の地下水が何らかの原因で汚染されて、飲み水として不適格になりました。ところで、地下にしみこんだ水は、どのように流れていくのでしょう? 現在の小・中学校の学習指導要領ではふれていない「地下水」をテーマにして、問題解決的な課題に取り組みます。

注意:内容が変更になる場合があります。

ページトップへもどる