【2016年2月11日】日本SEPUP研究会「これからの理科実験 ~アクティブラーニング はじめの一歩~」開催のおしらせ

主催:日本SEPUP研究会 協力:株式会社 ナリカ

 

日本SEPUP研究会 「これからの理科実験 ~アクティブラーニング はじめの一歩~」
日時 平成28年2月11日(木・祝) 13:30~16:30 (受付開始 13:00)
場所 株式会社ナリカ 本社ビル
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10  TEL:03-3833-0746
資料費 教諭:3,000円、学生:1,500円(現職教員を除く。学生証をお持ちください。)
問い合わせ・申込先 日本SEPUP研究会事務局(株式会社ナリカ内)
東京都千代田区外神田5-3-10 担当:重井・田中
TEL:03-3833-0746 FAX:03-3833-0747
申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX にてお申し込みください。
※FAXを受領後、受付票を e-mail (FAX) にて発行します。受付票が届かない場合は、ご連絡をお願いします。

 

    <講師>
    百武三郎 / 神奈川県藤沢市立高浜中学校教頭、日本SEPUP研究会会長
    鈴木勝浩 / 埼玉県北葛飾郡松伏町立松伏第二中学校教諭、日本SEPUP研究会副会長
    藤澤 隆次 / 千葉大学教育学部附属中学校教諭

 

【研究発表】13:00~16:30
発表1 13:00~14:30
「感染ルートを追え!」
誰が誰にうつしてしまったのか? 今わかっている情報から、感染経路を導き出してみましょう。また、それ を人に説明し伝えるためには、論理的に表現する必要があります。インフルエンザも流行するこの季節、この 活動を通じてアクティブラーニングを一緒に考えてみましょう。
発表2 14:30~15:30
「進 化 ~事実と推論を使って」
ほ乳類である「クジラ」は、いったいどのように進化してきたのでしょうか。4 種類の骨格標本の図(化石) などの相違点や共通点から、どのような事実が分かるのか、またどのようなことが推論できるのか考えていきま す。ウマの前脚やヒトの手などの相同器官にもつながるテーマです。
発表3 15:30~16:30
「光の世代交代」
我々は多様な家電製品によって便利で豊かな暮らしが成り立っています。一例として,種々の電灯(白熱電球, 蛍光灯,LED)を題材に扱い、実際に電気回路にあてはめて実感することで、これからの生活実践についても考 えていきます。

注意:内容が変更になる場合があります。

ページトップへもどる