【2013年12月26日】日本SEPUP研究会2013年「サイエンスラボ2013冬」開催のおしらせ

主催:日本SEPUP研究会 協力:株式会社 ナリカ

日本SEPUP研究会では、日常生活の中の科学や社会とのつながりを意識し、社会に出てから自ら意思決定できる21世紀を生きる人材(教師、児童、生徒)を育てることを目的として、理科教育の変遷をたどり、次世代の教科書が求めるものの一助となる初等中等教育向けのカリキュラム開発を行っています。1年間の研究成果の発表と新しい理科実験機材についての勉強会を企画いたしました。

 

日本SEPUP研究会 2013年「サイエンスラボ2013冬」
日時 平成25年12月26日(木) 13:00~16:30(12:30 受付開始)
場所 日本科学未来館 7F 第一会議室
所在地:東京都江東区青海2-3-6

<アクセス>
新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車徒歩約5分、「テレコムセンター駅」下車徒歩4分
東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」下車徒歩5分
参加費 無料(ただし、日本科学未来館の常設展、特別展、ドームシアター等(1~6階の展示エリア)の見学は入館料がかかります。)
問い合わせ
・申込先
日本SEPUP研究会 事務局(株式会社ナリカ内)
〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10 担当:重井・田中
TEL:03-3833-0746 FAX:03-3833-0747
申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX にてお申し込みください。
※FAXを受領後、受付票を e-mail (FAX) にて発行します。受付票が届かない場合は、ご連絡をお願いします。

 

【研究発表】13:00~14:00
発表1 13:00~13:30
「データを活かした学習指導を考える」
小川正賢
(東京理科大学 教授)
全国学力学習状況調査や都道府県で行われる学力調査などのデータは、まだまだ有効に活用されていないのではないか。個々の児童・生徒の特性を把握して、授業の改善に活かす方策を考えてみたい。
発表2 13:30~14:00
「光と紫外線」
百武三郎
(藤沢市立御所見中学校)
昔の小中学生はもちろん、今の小学生、中学生も外遊びが好きです。また、中学生では多くの生徒が外で活動することの多い運動部に加入しています。小学校3年生や中学校1年生で学ぶ光の性質。この光の性質の発展として、また自然環境の保全の学習の一部として紫外線を取り入れてみてはどうでしょうか。
【教科書と理科実験機器】14:10~16:30
発表3 14:10~14:30
「教科書に使われる用語」
小出雅文
(学校図書株式会社)
平成24年度から使用されている教科書では、旧版とは説明の異なる用語があります。それらの改訂の経緯や専門的なバックグラウンドについて説明します。
発表4 14:40~16:30
「最新型実験機器」
株式会社ナリカ
近年の理科実験機器は、学習指導要領に適用させて、さまざまな工夫がされており、過去の機器とは大幅に変わっています。新しい実験機器を共に勉強しましょう。

注意:内容が変更になる場合があります。

ページトップへもどる