【2013年8月16日】日本SEPUP研究会2013年「夏の勉強会」研究成果と最新型の実験機材

主催:日本SEPUP研究会 協力:株式会社 ナリカ

日本SEPUP研究会では、日常生活の中の科学や社会とのつながりを意識し、社会に出てから自ら意思決定できる21世紀を生きる人材(教師、児童、生徒)を育てることを目的として、理科教育の変遷をたどり、次世代の教科書が求めるものの一助となる初等中等教育向けのカリキュラム開発を行っています。1年間の研究成果の発表と新しい理科実験機材についての勉強会を企画いたしました。

 

日本SEPUP研究会 2013年「夏の勉強会」研究成果と最新型の実験機材
日時 平成25年 8月16日(金) 13:00~18:00(12:30 受付開始)
場所 株式会社ナリカ 本社4F セミナー室
〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10

<アクセス>JR山手線・京浜東北線 御徒町駅下車 徒歩5分など
詳しくはこちらをご覧ください。http://narika.jp/access.html
参加費 無料
問い合わせ
・申込先
日本SEPUP研究会 事務局(株式会社ナリカ内)
〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10 担当:重井・田中
TEL:03-3833-0746 FAX:03-3833-0747
申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX にてお申し込みください。

 

【研究発表】13:00~14:50
発表1 13:00~13:20
「SEPUPとSTEM」
小森栄治
(日本理科教育支援センター)
近年、米国を中心に新しい教育概念STEM(Science, Technology, Engineering and Math)が世界に広がりはじめています。SEPUPとの対比からSTEMの研究の概要。
発表2 13:20~14:00
「光の世代交代」
藤澤隆次
(千葉大学教育学部附属中学校)
我々は、多様な家電製品によって便利で豊かな暮らしが成り立っている。一例として、電灯(白熱電球・蛍光灯・LED)を題材に扱い、実際に電気回路にあてはめて実感することで、これからの生活実践についても考えさせる。
発表3 14:10~14:50
「エネルギー効率」
小森栄治
(日本理科教育支援センター)
発電、蓄電、電力、仕事からエネルギー効率までを手回し発電器を使って授業を行う新しい試みの紹介。
【最新型実験機材】15:00~16:30
近年の理科実験機器は、学習指導要領に適用させて、さまざまな工夫がされており、過去の機器とは大幅に変わっています。株式会社ナリカ協力で、新しい実験機器を共に勉強しましょう。
【サイエンス・ラウンジ】17:00~18:00
サイエンス・ラウンジは、気軽に、参加者と講師、日本SEPUP研究会メンバーがグループに分かれて意見交換し合う場です。テーマは、当日の発表内容や実験機器他、理科教育全般について意見交換し、親睦を深めることを目的としています。お気楽にご参加ください。

注意:内容が変更になる場合があります。

ページトップへもどる